スマートハウス

スマートハウスとは

スマートハウスとは、IT(情報技術)を使って家庭内のエネルギー消費が最適に制御された住宅。

具体的には、太陽光発電システムや蓄電池などのエネルギー機器、家電、住宅機器などをコントロールし、エネルギーマネジメントを行うことで、CO2排出の削減を実現する省エネ住宅のことを指します。

(電気を)つくる・ためる・かしこく使う
太陽光発電でエネルギーをつくり、

つくったエネルギーを
電気自動車やエコキュートにため、

HEMSや家電設備でかしこく使う。

電気をつくる

太陽光発電

太陽電池を使って発電した電気は、直流電力ですが、パワーコンディショナーという装置を使うことで交流電力に変換し、ご家庭内のさまざまな家電製品で使うことができるようになります。主に太陽光の多い日中に発電し、余った電器は電力会社に売ることができます。

電気をためる

蓄電池ユニット

太陽光で発電した電気を、蓄電池や電気自動車にため、時間帯をずらして使う事で、電気の購入量をおさえます。

エコキュートでお湯に変換し、ためることもできます。また、万が一災害があった際の停電時の備えにもなります。

かしこく使う

かしこく使う

HEMSでは、電気の発電量・使用量をいつでもわかりやすく確認することができます。電気を目に見える形にすることでより無駄なく、省エネができます。また、スマートフォンやタブレットにアプリを設定することで、自宅外からも温度管理等ができ、快適さを保てます。